拾い種

週末、そろそろ球根にお水をあげないとなと、お庭にでて、鉢の場所移動をと掃除を始める。開始そうそうなんか散らかってるなーと思う。そして、しましま模様!?を発見する。

もしやと思い、しゃがんでよく見てみる。
で、掃除そっちのけで、そちらの収集に没頭する。

あらかた拾いきり掃除を再開といいつつ、掃きつつ、発見したら拾う、そんな感じで掃除を終わらす。鉢には水をあげて完了。


そしていそいそと、拾いものは洗って、紙にのっけて乾燥。
乾燥後、種類別に分けるぞと意気込んだのですが、

まっくろ
 と
しましま

はハッキリ区別がつく。

しましまは、
細長いのと、まるっこいの、がある気がする…
さらに茶色っぽいのもある気がする……
がこちらは難しいのであきらめました。

f:id:colorofsky:20190108072810j:plain


結果、いっぱい採れたぞ!ということで、めでたしめでたし。
f:id:colorofsky:20190109065320j:plain

それにしても、こんなちっちゃいのによく気がつけたなと。
しましまを発見しなかったら全部掃かれちゃってたことでしょう。

本当は、もう買うのはやめようかと思っていました。
ちゃんと育ててあげられないならかわいそうだからと。
もしかしたら、花が下火になったころ一切水あげるのを止めたのがよかったのかもしれませんね。

枯れてる様子を見て、今年もダメだったなとせんだってのお掃除までほっといたのでした。実ってる様子には見えなかったんですよね。けれども、種が撒き散らされるほどになってたようです。そこまでほおっておいたのがかえってよかったのかもしれませんが。

種をひろいつつ、うきうきしてました。

まだ先ですが、今夏は初2世ひまわりでお庭がにぎわうと嬉しいなと思うのでした。