久しぶりに

週末久しぶりに映画を見に行きました。
ミニにゃんこかわいかったです。
f:id:colorofsky:20181002065012j:plain

アニメ化10周年、初劇場版とのことで、しばらく前からアニメのセレクション的な再放送がかかっているので喜んでみており、映画も楽しみにまっとりました。

で、先日アニメのかわりに録画リストに映画の特番的がものが録画されとりました。そこでです、アニメの冒頭にちらっと紹介が入ってる分には構わんのですが、映画をいろいろご紹介的なものは好みません。むしろ前知識なしで見に行きたいくらいです。ということで、それはしばらく封印とも思ったのですが、初映画の日和に当たったので見に行こうかと思ったわけです。

チケット予約でライブビューイン付き?というのをとって、初日に行ってきました。

出会いと別れ、そういう切ない感じでした。

なんでしょうね、私にとっては出会いと別れはセットであって、出会ってそして今はないものが浮かぶようです。

今あるもの、今もあるものは、あるのが当然的に思っているようで、出会いと別れの識別に入ってないっぽいなと感じました。本当はそれを認識してなきゃいけないんでしょうけど、それを常においとくと辛いですからね、弱ったときとかに襲われてたって影響もあるのでしょう。

そこで、つらいと思ってしまうほど大事なものなのだと。だから今を大切にね、後悔せんようにやっていこうと思うわけです。春先からの波乱がこたえたからね…。今年はあるけど、来年先のことはわからんので、まあ不安なのだ。


8年、一番辛い時を一緒にいてくれて、大事なクッションになったのだと思うのだよ。必要だったのだと。たとえ忘れてしまっても何かが残っている、そういう暖かい感じもしたのでした。