アサーションの本

関連書籍めぐりで読んでみました。
アサーションの本ですね。

だいぶ前になりましたけど、嫌われる勇気とか読み、気付かんで他人の世の中の意をかりていきるんではなく、自分の意でいきるみたいなことを思いました。

アサーションであるってこととは、そこをもうちょいうまくやるってことでもある気がします。