思考中

なが~い通勤時を使っての読本中。

そこに「ほめるのは難しい」というようなことが書いてある。

 

確かにそう思う。それに誉めるのうまい人みたことあんまりないと以前ならそう思ったであろう。でも今はちと違うのだ。う~ん、ほめるのうまい人が近場に一人おるんですよね。なんかよくほめられてる気がする。一言だけどね。それがなんか嬉しいらしい。それでなんか少しは役にたったのかなと、ちと安心するのかもしれません。やってないのにいらんところで、いらんほめ方をするような方ではないと。だからこそ嬉しいんだろうけどね。

以前はめったにそんなことがあった訳じゃないから。レアなよい環境だよね特定領域だけだけど。

 

そんなとこでのびっと育ってる、そういう感じがするのです。私も見倣って、いらんとこでいらん力使い果たして倒れてるなどということはなくなりましたかね。以前のようなと付け加えておかんとね気が少々収まらんものはかすかに残っているけど、きっとそのうち昇華するよ。ひとが大事だってことですね。ほんと、そう思います。