新しいLinuxの教科書

こちら読み終わりました。

新しいLinuxの教科書

新しいLinuxの教科書

 

必要になるであろうところが必要な順で並んでおり、わかりやすいなと思いました。ふとタイトルを見たら教科書と。なるほどよい教科書だなと。

 

雑誌系だと著書のこだわりポイントだけ深く掘り下げくせが強すぎて私にはあわないようで、やっとよい本見つけたぞという感じであります。説明の書き方とか運びかたとかも勉強になるなと思う感じで。

 

で、先日電子書籍みてたところこちらが出ていたのでさっそく購入し読み始めたとこです。こちらもよさげで読んでると楽しくなります。(通勤電車の読書なんで読んでるだけです今のところ)

 

新しいシェルプログラミングの教科書

新しいシェルプログラミングの教科書

 

他の言語も出していただけると大変嬉しいなと思う感じです。よい入門書もよい本もなかなか出会うのは難しいですからね。

 

若かりし誰かにわたしてあげればとても参考になったともおもいますが、必要なことだけ調べてつないだ断面知識しかない今時点でもとてもよい本でした。未熟者かもしれませんけど、こういう楽しいと思える本の方がいいに決まってるじゃないかと思います。ドキュメント作成のお手本にもよいですしね。

 

そんなこと思う寒い冬のカフェ場より。